育毛には体重管理が必要

体重をしっかりコントロールすることは育毛につながります

体重管理を行なわないと、育毛の効果は半減してしまいます。
暴飲暴食をすると体重が増加し、過度なダイエットで体重を減らすことを繰り返してはいけません。

 

太りすぎると余分な脂肪が体内に蓄積され血液の流れを悪くします。
過度なダイエットは、体内のホルモンバランスや生理周期の乱れを起こします

 

極端な食事制限を行なうダイエットは抜け毛の原因にもなるので、髪のためにも取り組まないようにしてください。
健康な身体があってこそ、健康な髪が育ってくれます

 

育毛には、タバコ・過度なダイエットはNGです!

 

なぜ、ダイエットは育毛にとって悪いのか。

育毛の前に禁煙を

世の中のダイエットは、食事制限を強いられます。ファスティングダイエット、ココナッツオイルダイエット、酵素ダイエットなど最近耳にするダイエットも例外ではありません。

 

長期間食事制限を行なうダイエットを続けてしまうと、身体は飢餓状態になります。
身体の防衛本能によって、育毛に使われていたはずのエネルギー(栄養素)が、心臓や脳など生きるために必要な臓器に優先的に回されてしまいます。

 

ダイエットをすると、髪の毛には栄養素を届けなくても仕方がないと身体が勝手に判断して、育毛に必要な栄養素を毛根に届けようとはしなくなります。

 

ツヤ・コシがなくなるなど髪質の悪化だけではなく、抜け毛にもつながります。薄毛に悩む女性の中には、過去にリバウンドをするような激しいダイエットを経験している方が少なくありません。育毛とダイエットを同時進行させるには、適正な運動と適正な食事でゆっくり体重を落としてあげることが重要です

 

ヤセすぎ・太りすぎを防ぐために、あなたのベスト体重を知っておきましょう。
ベスト体重を知るための数値として有名なものがBMI(ボディ・マス・インデックス)です
良いBMI値と言われるのがBMI 22

 

BMI 22を目標として育毛に取り組んでください。

BMI で体重をチェック

BMI値の求め方

 

BMI =(体重 kg) ÷ { (身長 m) × (身長 m) }

 

 

【例】 身長155cm 体重50kgの場合

 

50 ÷ {1.55 × 1.55} = 20.81

 

肥満度の判定基準値は

体重管理と育毛

BMI < 18.5 ・・・・やせ(低体重)

 

18.5 ≦ BMI < 25・・・・普通体重

 

BMI ≧ 25 ・・・・肥満

 

 

 

基礎代謝を高める生活を続けるだけで減量になります

ダイエット方法というものは、何十年前から表れては消え、消えては現れと繰り返しています。
育毛と同時進行させるには、極端な食事制限をせず、運動を取り入れたダイエットがオススメです。

 

短期間で体重を落としてしまうと必ずリバウンドが来ます
身体が飢餓状態になっているので、生命の本能としてエネルギーを蓄えようとする防衛本能によってリバウンドは起こります。あなた自身の意思に関係ありません。
つまり、ダイエットにわずか○○日間でというような近道はありません

 

基礎代謝を高めることがダイエットになります。

極端な食事制限をしないで、運動を同時に行なうダイエットが身体の負担を最小限に抑えることができます。
身体の負担が少なければ、髪にも栄養が回っていくので、ダイエットが育毛を邪魔することもありません。

 

基礎代謝を上げてダイエット

 

短期間で体重を落としてしまうと、必ずリバウンドが来ます
ダイエットは自分の身体と向き合って時間をかけて行なうものです。短期間ですぐに成果を得られても、長い目で見れば無駄な努力に終わるかもしれません。
過度なダイエットは控えて、ゆっくり確実に身体と向き合いながら体重管理に取り組んでいきましょう。

 

基礎代謝とはいったい何なの?

ダイエット方法をインターネットや書籍で探すと、必ず出てくる言葉の一つが「基礎代謝」です。

 

基礎代謝とは主に次のような身体の働きです。

  • 体温を一定に保つ
  • 呼吸を行なう
  • 心臓・肺・臓器を動かす
  • 血液を全身に送り届ける

 

人間が生きていくのに必要最低限のエネルギーを基礎代謝と呼んでいます
もっと分かりやすく言ってしまうと、特別に運動をしなくても1日の間に必ず消費されるエネルギーです。

 

同じものを食べたとしても、基礎代謝が高い人は、消費エネルギーの絶対量が多くなるので太りにくく、基礎代謝が低い人はエネルギーの蓄積量が多くなってしまうので痩せにくいという特徴があります。

 

筋肉量が多く、活発に活動する10代に肥満が少ないのはこのためです。30代以降になると徐々に身体の筋肉量が低下していきます。筋肉量が低下すると、体内の基礎代謝が落ちるので中年太りにつながってしまいます。適度な運動で筋肉の量を落とさないことは、基礎代謝の維持になるので体重管理に役立ちます。

 

仕事や家事で特別な運動をする時間がない人でも、歩くときのスピードをあげたり、掃除の時の姿勢を良くしたり、階段を積極的に使うなど日常生活の中で基礎代謝を上げることができます。ダイエットは食事量を抑えることも必要かもしれませんが、まずはできる範囲で運動を増やしてあげる意識を持ってみましょう。

正しいダイエットのまとめ

食事制限のあるダイエットはしない

しっかり食事を取る

食事量をコントロールするときも、タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素は摂るように心がけてください。栄養は摂りつつ、全体の量を少し下げるのであれば良いダイエット方法です。急に食事量を減らしても、リバウンドが待っているだけ。目安としては日頃の食事量10%ダウンぐらいで時間をかけてダイエットに取り組んでいきましょう。

 

急な減量は抜け毛の元。月5%以内に抑えて

急激な体重減はリバウンドの元です。減量の目安として、身体に負担の小さい5%程度が理想です。5%でも3ヶ月続けると大きな成果になります。

 

体重58kgで月5%ずつダイエットをした場合
スタート:58kg  → 1ヶ月:55.1kg → 2ヶ月:52.3kg → 3ヶ月:49.7kg

 

3ヶ月もすれば健康な身体を維持したままスタート時よりも約10kg減量することが可能です。
筋肉量を落とさずに、余分な脂肪だけを食事と運動で落としてあげましょう。

 

適度な運動が理想。難しいときは日常生活でカバー

運動嫌いの人にとって、ダイエットの運動は苦痛です。日頃運動の習慣がないのにやってみても三日坊主がいいところではないでしょうか。
運動嫌いの人は、日常生活のちょっとしたことを増やしていくのがベターです。駅までの自転車を徒歩にする。エスカレーターを階段に。昼休憩は、少し遠くのコンビニまで行くなど、ちょっとしたことで基礎代謝・運動量のアップをすることができます。身体の活動量が増えればエネルギー消費量が増え、効率の良いダイエットに取り組むことができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加