女性用育毛剤のQ&A

女性用育毛剤 Q&A

女性用育毛剤を初めて使ってみようと思っている方や、
今使っている女性用育毛剤が地肌に合わない場合などに寄せられた疑問・質問です。

 

旦那さんと一緒にヘアケアに取り組んでおられる方からのお悩みにもお答えしています。
あなたの育毛剤デビュー、乗り換えの参考にしてください。

 

女性用育毛剤と男性用の違いを教えてください

 

育毛剤大好き元店長
女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いの前に、女性と男性の頭皮の違いを考えてみましょう。
女性用シャンプーと男性用シャンプーの違いにもありましたが、男性の頭皮は女性に比べてかなり脂っぽいと言えます。
男性用育毛剤は、脂っぽい男性の頭皮でもスッキリ感を強くするために清涼剤(スーッとする成分)が多く入っています
また、男性の頭皮は女性よりも厚く有効成分が毛根に届きにくいため、成分濃度が全体的に高くなっています。

 


 

 

女性が男性用育毛剤を使ってもいいのでしょうか?

 

育毛剤大好き元店長
女性が男性用育毛剤を使うことは基本OKです。
男性用の育毛剤の方が女性用の育毛剤に比べて成分濃度が高くなっています。
敏感肌やお肌に合わない方は、男性用育毛剤で頭皮に強いかゆみやヒリヒリ感が出る場合があります
また、女性と男性では抜け毛のタイプが違うので、あなたの抜け毛に合う成分が含まれているかは疑問です。(※女性の抜け毛・薄毛の原因
男性用育毛剤は使ってはダメということではありませんが、
女性の抜け毛専用に作られている女性用育毛剤を使った方が時間と費用にあった効果が期待できます。
迷ったときは、女性用育毛剤をお使いください。

 


 

 

育毛成分ミノキシジルは白髪予防にも効果がありますか?

 

育毛剤大好き元店長
発毛成分の一つミノキシジルは、白髪には有効ではありません。白髪の原因は、毛根にあるメラノサイトの働きが弱まることです。
ミノキシジルは、血行促進成分です。(※ミノキシジル配合育毛剤をおすすめしない理由)毛根にあるメラノサイトの働きをよくする成分ではないので、髪の色素にまで影響することはありません。
ミノキシジルは、毛母細胞に栄養と酸素を届けやすくする成分であって、白髪を改善する効果はありません

 


 

 

女性用育毛剤を選ぶポイントはありますか?

 

育毛剤大好き元店長
女性用育毛剤の疑問・質問 育毛剤は医薬部外品・医薬品の認可があるもの。
女性用育毛剤の疑問・質問 育毛剤としての有効成分をまずチェック

 

女性用育毛剤選びのポイントは
医薬品・医薬部外品で有効成分がしっかり配合されている育毛剤を選ぶことです。
詳細は、女性用育毛剤の基礎知識をご確認ください。

 


 

 

育毛剤を続けていますが効果がみられません・・・。このまま続けるべきでしょうか?

 

育毛剤大好き元店長
女性用育毛剤を使い始めてからどのくらいの期間継続されていますか?
女性用育毛剤を使ったヘアケアの効果が表れてくるのは、早い人で3ヶ月程度、平均でも6ヶ月から12ヶ月程度の時間が必要です
時間がかかってしまうのは、育毛剤の効果が悪いのではなくヘアサイクルの周期に関係しています。(※ヘアサイクルと髪の毛の関係

 

もし、あなたが女性用育毛剤を使い始めて3ヶ月未満の場合は、しばらく髪の毛の様子を見ることをおすすめします。
髪の毛のハリやコシ、ツヤが戻っているように感じられる場合は、継続されても良いのではないでしょうか。

 

一方6ヶ月以上継続しているのに、以前より抜け毛がひどくなってしまった場合や頭皮にかゆみ・吹き出ものが出た場合は、中止も考えてください。
頭皮に合わない女性用育毛剤を使っても、頭皮環境が悪くなり抜け毛の原因になりかねません。

 


 

 

女性育毛剤には医薬品と医薬部外品があるのですが、違いは何ですか?

 

育毛剤大好き元店長
医薬品は、医師の管理が必要になるもので症状の治療を目的にします。抜け毛・薄毛専門の病院で処方されるお薬や塗り薬などが医薬品に該当します。
薬局・ドラッグストアーでも医薬品は薬剤師さんしか取り扱うことができません。
医薬品には高い効果を望めますが、反対に副作用があることを考慮しなければなりません
副作用に関しては、処方された医師や薬剤師さんに十分な説明を受けてください。素人判断で絶対に医薬品を購入しないように気をつけてください。

 

医薬部外品は、予防に重点を置かれたものになります。副作用はほとんどありません。
価格も医薬品と比べれば抑えられていますので、初めて使う方や現状維持の場合 医薬部外品の女性用育毛剤をお試しください

 


 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加