頭皮の紫外線ダメージ

紫外線対策は頭皮にも。お肌トラブルだけじゃない紫外線の恐怖

頭皮の調子を悪くするモノには、
体調による変化と気候など外的要因による変化の2種類があります。

 

外的要因の中でも特に気をつけたいのが紫外線です。

 

紫外線対策

 

紫外線といえばお肌の黒ずみ・しみ・日焼けの原因となることは良く知られています。
多くの女性が紫外線の多い季節5月から9月頃までは何らかの紫外線対策をされているはずです。

 

日焼け防止クリーム・長手袋・日傘・帽子などなどお肌やお顔の紫外線対策は万全です。
しかし、頭皮や髪の紫外線対策まで考えておられる女性は、圧倒的に少ないと言わざるを得ません。

 

紫外線の強い6月から8月は、日焼けによって頭皮は乾燥しがち。
健康な頭皮は青白いのですが、日焼けによって頭皮が薄いピンク色や赤茶色になってしまうことがあります。

 

髪の分け目は、体の中で最も紫外線が当たりやすい場所です。
日焼けは軽いヤケドなので、頭皮の水分が失われていき乾燥状態になっていきます。
頭皮が乾燥すると、かゆみ・フケ・ヘアサイクルの乱れが起こりやすくなります。

 

紫外線の強くなる5月頃からは、お肌やお顔だけではなく頭皮の紫外線対策も心がけてみてはいかがでしょうか。

 

髪の紫外線対策としてUV対策用ヘアスプレーやクリームがあります。
しかし、髪専用のUV対策剤は、髪の日焼けを防ぐものであって、頭皮のUV対策はできません。

 

頭皮にヘアスプレーが付いてしまうと頭皮のダメージになってしまいます。
頭皮の紫外線対策は、帽子や日傘で直接日差しを頭皮に当てないようにしてください。

 

 

 

季節別 頭皮のための紫外線対策

春から夏にかけての紫外線対策

 

帽子や日傘で紫外線から頭皮を完全ブロック

紫外線対策

 

紫外線量が一年の中で最も多くなる春と夏。
頭皮への紫外線対策だけではなく熱中症対策も兼ねて外出する時には、帽子をかぶったり日傘を使って紫外線を頭皮に直接当てないようにしましょう。

 

帽子は木綿やガーゼのような吸収性の良い素材や麦わら帽子のように通気性の良いものを選んでください。

 

それでも、帽子を長時間かぶり続けるのはNGです。
汗や皮脂でぬれたままにしておくと頭皮に常在菌が繁殖しニオイの原因にもなります。
日差しの当たらない室内では帽子をとり、頭皮が湿ったままの状態を長時間続けないようにしましょう。

 

頭皮のニオイが気になる方には、炭酸シャンプー・炭酸ヘッドスパがおすすめです。
毛穴の汚れ、余分な皮脂をしっかりと落としてくれます。

 

頭皮のニオイは常在菌と皮脂が主な原因です。
頭皮を清潔に保つためのスペシャルアイテムとして炭酸シャンプーを使ってみてください。
洗い上がりは、すっきりシャキッとする感じで頭が軽くなったように感じます。

 

乾燥と抜け毛が気になる秋から冬の対策

 

頭皮の蒸れすぎに注意。ついつい帽子を長時間かぶってしまいがち

頭皮のムレ対策

 

頭皮が乾燥してしまうことが問題なように、頭皮が必要以上にムレてしまうことも問題です。

 

気温の低い秋・冬は暖かいニット帽など防寒目的の帽子をかぶる機会が増えます。
ニット帽は、髪に帽子の型がついてしまい一度かぶったら家に帰るまでぬがない人もいるのではないでしょうか。

 

頭皮が必要以上にムレてしまうと頭皮のバリア機能が低下します。
かゆみがでたり、頭皮に炎症が起こりやすくなり抜け毛・薄毛につながります。
さらに、帽子を長時間かぶると頭皮と帽子の繊維で摩擦が起こってしまい頭皮に悪影響がでることもあります。。

 

暖かい室内では、頭皮のためにも春・夏同様にこまめに帽子を脱ぐようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加