育毛と頭皮環境の関係

育毛は頭皮環境を整えることから始まります

髪を健やかに保つための第一歩として頭皮環境を整えることです。

 

最近はスカルプシャンプーといった頭皮ケア専用のシャンプーも多く発売されています。
スカルプとは、日本語に直すと 頭皮 と訳すように、
ヘアケアの中でも頭皮への注目が集まっています。

 

頭皮と髪の関係は、畑と作物の関係と同じです。
栄養たっぷりの土壌には、青々とした新鮮な作物が育ちます。
一方痩せたカラからの土地では、細くひ弱な作物しか育ちません。

 

頭皮を畑の土壌と考えると、
血流量のある健康な頭皮には、ハリ・コシのある健康な髪の毛が育ちます。
固く血行の悪い頭皮には、細くいまにも抜けてしまいそうな髪しか育ちません。

頭皮環境を整える方法

頭皮環境の改善は、頭皮の血行をよくすること

 

髪は、毛根から伸びる細胞の集まりです。
毛根にある毛母細胞に髪の生成に必要な栄養・酸素が行き届くようにしなければ細胞分裂が少なくなり
健康な髪の毛は生えていきません。

 

毛母細胞に、栄養・酸素を届けてくれるのが頭皮にも流れている血液です。
頭皮を流れる血液をスムーズに流れるようにしてあげるだけで、頭皮環境はグッと良くなります。

 

頭皮環境が良いのか悪いのかは素人では判断が難しいものです。
マイクロスコープを備え付けてある美容院やクリニックなどで頭皮状態をチェックされると確実です。

 

また、健康な髪には毛穴の詰まりは大敵です。
汗をかきやすい頭皮は、汚れがたまりやすく毛穴に皮脂が残りやすい状態です。
頭皮が乾燥しやすい場合も、頭皮への負担となります。

 

余計な雑草が生えていたり、水分不足では作物は育ちません。
頭皮を清潔に保ち、適度に保湿してあげることも頭皮環境をよくすることになります。

 

※ヘアケア豆知識
2014年に流行したノンシリコンシャンプーは、
それまで主流だったシリコン入りシャンプーの間違ったイメージから流行しました。
シリコンは、指通りをよくするために配合されている成分で毛根に詰まることはありません。
シリコンシャンプーはハイダメージの髪には必要な場合もあります。
毛穴に詰まるのはシリコンではなく皮脂と考えるのが自然で理にかないます。
シリコンシャンプーが100%ダメと思い込まないように注意してください!

 

×シリコンは毛根に詰まるもの
○シリコンは指通りをよくし、髪をコーティングするもの

 

頭皮の状態をチェックしてみましょう

 

健康な頭皮

健康な頭皮

頭皮環境が良い状態。
頭皮は青白く
、皮脂や汚れといった毛穴の詰まりがない状態。
髪の毛も根元から太く、ハリコシがあり元気
一つの毛穴から複数の髪がでているので、髪密度も高い

 

 

 

 

不健康な頭皮

不健康な頭皮

毛穴に余分な皮脂や汚れが付着している頭皮環境が悪い状態。
頭皮は赤っぽくなっていて炎症が起きている。
このままの状態を続けると、毛根が弱りヘアサイクルが乱れていく。
健康な髪を育てるためには適切なヘアケアを取り入れる必要がある。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加