育毛成分亜鉛の働きと摂り方

育毛に効果のある成分 亜鉛について

 

亜鉛の主な働き

亜鉛は、人が生きていく上で欠かすことのできない成分です。
亜鉛は必須元素(ミネラル)の一つですが、人間の体の中で作り出すことができません。
亜鉛を体内で作り出せないので、必ず食事・サプリメントで補給し続けていかなければなりません。

 

亜鉛の働き

  • 髪の毛の生成
  • ホルモンの生成と分泌
  • 爪・皮膚の維持
  • 細胞分裂のエネルギー

 

体の活動において必要不可欠な栄養素です。
髪にとっても大変重要で、不足すると薄毛・抜け毛の症状が出てきます。
抜け毛・薄毛を防ぐためにも亜鉛を体内に摂りいれやすい食事をとってみてはいかがでしょうか。

 

薄毛・抜け毛と亜鉛

 

亜鉛は、髪の毛の主要成分ケラチンを作り出すために必ず必要になるので、髪の原料とも言われます。
体内の亜鉛が不足してしまうと髪の原料がなくなり髪の毛が薄くなったり抜けやすくなったりします。
ホルモンの合成・分泌にも大きく関係する成分なので、亜鉛不足は毛髪の成長を鈍らせ抜け毛・薄毛につながります。

 

亜鉛は髪の原料となり、発毛に必要なホルモンの働きを促します。
また薄毛・抜け毛に効果のあるプロペシア(フィナステリド)のように
亜鉛もまた抜け毛を誘発する男性ホルモンの働きを弱める成分として働きます。

 

亜鉛不足が原因の抜け毛には、亜鉛補給が効果的です。
プロペシアやミノキシジルでは副作用が心配になりますが、
亜鉛は人間の体に必ず必要な成分なので副作用の心配がありません。
(※大量摂取にはお気をつけください)

 

亜鉛を多く含む食品

 

日本人は、亜鉛を食事から摂る量が少ないそうです。
抜け毛で悩む方が多いのも食生活が原因かもしれません。
積極的に亜鉛をとれる¥食事を心がけるだけでも抜け毛・薄毛予防につながります。

 

亜鉛含有量の多い食品
  • 牡蠣
  • うなぎ
  • レバー
  • 牛肉
  • きなこ
  • 豆腐
  • ごま
  • アーモンド

 

毎日大量にカキや牛肉を食べることは難しいかもしれません。
体内で亜鉛が作れない以上食べ物で補っていくしかありません。

 

カキを主成分としたサプリメントなどで亜鉛を上手に摂取していくのがいいかもしれません。

 

はじめて育毛を行なう方や、アレルギー症状をお持ちの方で薬の併用を控えたい方には
亜鉛の補給を助けるサプリメントがおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

よく読まれてる記事

ミノキシジル