ヘアサイクルと髪の抜け毛の関係

ヘアサイクルとは髪の新旧が入れ替わること

毎日髪が何本抜けたとばかり気にされていませんか?

 

今日は全く髪が抜けなかったなんてことはありえません。
シャンプーをしたりブラッシングをするだけでも髪の毛は必ず抜けてしまいます。

 

毎日抜け続けていても、
急に髪の毛がなくならず一定の量を保てるのには理由があります。

 

髪の毛にも寿命があります。
毛母細胞から生まれる髪の毛は、日が経つごとに
どんどん成長を続けます。1日およそ0.35mmも伸びていくそうです。

 

人間の髪の毛は10万本程度あると言われますが、
1日に80本〜100本は自然と抜け落ちていきます。

 

抜け落ちても髪の毛がなくならないのは
次々に新しい髪の毛が生えてくるからです。

 

髪の毛の一生

 

毛母細胞から伸び始める

↓ ↓

1日0.35mmずつ伸びる

↓ ↓

髪の寿命がきて抜け落ちる

↓ ↓

再び毛母細胞から伸び始める

 

このようなサイクルを、ヘアサイクル(毛周期)と言います。

 

ヘアサイクルは大きく分けて

  • 成長期(2〜6年)
  • 毛母細胞が活発に活動し、毛がどんどん伸びていく期間。
    毛根で作られた毛は、どんどん頭皮の上へ上へと押し上げられる。
    頭髪全体の約90%が成長期の段階にある。

  • 退行期(2〜3週間)
  • 退行期の期間は、毛母細胞の活動が衰える。
    色素細胞の活動も衰えるため、
    白髪が増えたり切れ毛が多くなったりする。

  • 休止期(3〜4ヶ月)
  • 毛母細胞の活動が停止してしまう段階。
    髪の毛の伸長も完全にストップ。
    再び成長期に入る前に、髪の毛は抜け落ちる。

の3つのステージがあります。

ヘアサイクル

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加