髪の変化と女性ホルモンの関係

女性ホルモンと髪の関係とは?

私たち人間は、生まれた瞬間から年齢を重ねる生き物です。
時間が止まらないように、年を取ることを止めることは誰にもできません。

 

年を重ねることで、女性の髪には
「ハリやコシがなくなってきた」「ボリュームが少なくなってペタンコになった」
「毛先からパサつきがひどくなった」「髪の毛1本1本が細くなった」
などの変化が出てきます。

 

髪の加齢変化は、頭皮の血流量が少なくなること、
女性ホルモンの減少が原因と考えられています。

 

女性ホルモンの減少だけで抜け毛・薄毛に直結するワケではありませんが、
年を取ることでどういった髪の変化が現れてくるのかを知っていると、頭皮・髪のセルフケアに取り組みやすくなります。

 

髪の成長に関係してくる女性ホルモンは
エストロゲンプロゲステロン

 

髪だけではなく、女性らしい体つき(バストアップ)に関係したり、
妊娠・出産にも大きく関係するホルモンです。

 

髪の毛の保持に重要とされる女性ホルモンは
エストロゲンのほうです。

 

女性ホルモンの分泌は、統計的にみて
20代がピークとなり、30代、40代と徐々に減少していきます。

 

45歳〜55歳の更年期に入ると
女性ホルモンは一気に下降をはじめます。
50代〜60代では、女性ホルモンの量は20代より35%も減少します。

 

こうした女性ホルモンのバランスが崩れていくことで、
肌・バストといった目に見える場所だけでなく、髪や心といった体全体にも大きな影響が表れてきます。

 

年代別 女性の髪のエイジングと変化

女性ホルモン エストロゲン

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンのことをいいます。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。
女性ホルモンの分泌量は、30代から減少していきます。誰も避けることのできない加齢変化の一つです。

 

 

20代の髪

 

20代の髪

 

女性ホルモンがピークを迎える前の20代の髪は、良好です。

 

髪のハリ・コシ、ボリュームにも問題を抱える女性は少なく、トラブルが少ない髪の毛と言えます。

 

ただし、髪の質や量には個人差がありますので、20代から白髪が出てくる人もいます。

 

30代・40代の髪

 

30代の髪

30代に入ると気づかないうちに髪のうねりが出てきます。
髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含みやすくなってしまうためです。
30代は、指通りの悪さを感じる髪になります。

 

40代に入ると早い人では更年期の症状が表れてきます。
髪質が低下し、白髪が目立ち始めてきます。
髪全体も細くなり、薄毛が目立つことがあります。

 

50代・60代の髪

 

50代の髪

更年期後には髪質がますます低下します。
閉経後は、明らかに髪質が変わったように感じる女性が多いです。
60代に入ると、頭皮のかゆみ・乾燥が加速。フケが出やすくなります。
薄毛が気になり始める人もいますが、美髪をキープされる方もいっらっしゃいます。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加