女性の薄毛・抜け毛の原因

女性の抜け毛・薄毛の原因は1つではありません

女性の薄毛や抜け毛には、しっかりとした原因や要因があります。

 

ヘアサイクルから考えると
「ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなってしまい、休止期になる毛の割合が増えれば薄毛になる?」
と不安になってしまうかもしれません。

 

男性の薄毛・抜け毛の原因としては正しいと言えます。
女性の薄毛・抜け毛の原因には、男性の抜け毛とは少し違う原因が考えられます。

 

もちろん、女性であっても年齢を重ねることで退行期や休止期になる髪の毛の数が増えていき薄毛・抜け毛になりやすくなります。
しかし、加齢以外のさまざまな原因が重なって抜け毛が進んでしまうことが格段に多いのです。

 

女性の薄毛が起きやすい原因は大きく分けると6つあります。
6つの中に思い当たることはありませんか?
1つでも思い当たることがあるときは、要注意です!

 

髪のハリコシをなくし、ボリュームがなくなってしまいます。
つまり・・・・・薄毛・抜け毛になっていきます。

 

抜け毛につながる原因なので、少しずつでも改善に取り組んでみてください。

薄毛・抜け毛を加速させる6大原因

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

更年期になると、女性ホルモンが急激に減ってしまい体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。
全体的に髪が細くなったり薄くなってしまうのは、女性ホルモンの減少が大きく影響します。
女性ホルモンを補うためにプラセンタ・プエラリアなどのサプリメントもおすすめです。

 

 

頭皮トラブル

頭皮トラブル

乾燥気味なのに、洗浄力の強い石油系シャンプーやオイリー肌なのにしっとり系のトリートメントを使うなど自分の髪の状態に合わないヘアケア商品の使用は避けてください。
髪の毛の生える頭皮の状態を健康な状態にしてあげないと健康なハリコシのある髪は育ちません。
髪と頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプー・トリートメントを検討してください。

 

 

過度なダイエット

過度なダイエット

極端な食事制限が必要なダイエットは、髪へダメージを与えてしまいます。
なぜなら、髪の製造工場となる毛根部分に髪の成長に必要な栄養素や酸素を届けることができません。
ミネラル・亜鉛など髪に重要な栄養素が不足すると、切れ毛・抜け毛になりやすくなります。
食事制限はほどほどに体調が崩れないように気をつけてください。

 

 

ストレス

ストレス

10代は受験や友人関係、20代は新社会人としての環境の変化、30代は育児・仕事
40代は更年期・家事など学校・仕事・人間関係などストレスはすべての年代に存在します。
ストレスは、体の弱い女性には大敵です。
ホルモンバランスや血流に影響を与え、抜け毛を進行させてしまいます。

 

 

みだれた生活習慣

みだれた生活習慣

夜型生活でいつも睡眠不足、コンビニ弁当ばかりなどの偏った食生活。
いつもしなくちゃと思いつつ運動不足の毎日、止められないタバコといった習慣が体の血行不良、ホルモンバランスのみだれを招きます。
髪質や頭皮環境の悪化につながってしまい、結果抜け毛・薄毛になりやすくなります。

 

 

加齢

加齢

人間が生きていくうえで決して逃げることができない年齢。
年を重ねるごとにヘアサイクルも徐々に変化していきます。
髪の成長期のサイクルが短くなってしまうのは加齢による影響が大きいとされています。
髪のハリコシが減少してくるのも加齢が一つの原因です。
加齢によって不足した栄養素は、女性用育毛剤を使ったヘッドマッサージで毛根に届けてあげましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。もしよかったらシェアお願いします。励みになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加